クジラの鼻歌

クジラの写真

クジラは地球上で最も大きな哺乳類です。そのクジラを観ることができるところは、世界でも限られています。日本では、東京都小笠原、沖縄県座間味などでザトウクジラを観ることができます。

土佐湾ではニタリクジラを中心に観ることができますが、ニタリクジラ以外に、ゴンドウクジラ、ハナゴンドウクジラ、マイルカ、ハンマーヘッドシャークなどをホエールウオッチングの時に見ることができます。

また、室戸方面では、マッコウクジラを観ることもできるようです。室戸市浮津に伝えられるクジラ歌にはセミクジラの名前がでてきますので、セミクジラも土佐湾を泳いでいるのかもしれません。

ホエールウォッチング

潮をあげるニタリクジラ

ホエールウオッチングのシーズンは主に4月頃から10月頃までです。私は、5月の大型連休あたりから夏休みいっぱいが遭遇率が高いように思います。ウオッチング船は、朝と昼に出港するところが多いですが、予約が必要です。

土佐湾のクジラ

ジャンプするニタリクジラ

土佐湾のクジラの前に、簡単にクジラについて。クジラは海や河に住む哺乳類です。これを水生哺乳類と言います。そして、クジラ目は以下の3つのグループに大別されます。

これらクジラ類には、一般にいくつかの共通した特徴があります。

クジラのカード

ニタリクジラの噴気孔

土佐湾をゆったりと泳ぐクジラのカードです。数頭で並んで泳ぐ姿、勢いよく潮を噴き上げる瞬間や、ホエールウォッチングでもなかなか見られない、噴気孔(潮噴き穴)を大きく捉えた写真等もあります。他では手に入らない通い詰めてやっと写真に収める事ができるニタリクジラの姿です。
→詳細は【shopりぐらいふ】をご覧下さい。

↑ページトップへ

HOME
Copyright © 1996-生活創造工房 All rights reserved.